システムポート  
会社概要
お問合せ
サイトマップ
トップページ
製品情報 サポート ダウンロード 製品の購入 ニュースリリース

JDL会計から税込で出力した仕訳データ(CSV)には、消費税額が存在しません。このため弥生会計に変換した仕訳の税区分は"別記"処理となります。 これを内税や外税に変更したい場合には、以下のような手法で変換した弥生会計のデータを書き換える必要があります。

[8%内税]の場合

  1. 弥生会計に変換したCSVファイルを EXCELで読み込みます。

  2. 10列目(J)1行目に以下のような計算式を入力し全行にコピーします。
    =IF(OR(LEFT(H1,4)="課対仕入", LEFT(H1,4)="課税売上"),ROUND(I1/1.08*0.08, 0),0)
    ※消費税額が切り捨ての場合は、上記 ROUND を ROUNDDOWN に変更してください。
    ※返還等の税区分は判断していないので適宜上記計算式に追加してください。
    ※金額が外税の場合は ROUND(O1*0.08,0),0) となります。

  3. 16列目(P)1行目に以下のような計算式を入力し全行にコピーします。
    =IF(OR(LEFT(N1,4)="課対仕入", LEFT(N1,4)="課税売上"),ROUND(O1/1.08*0.08, 0),0)
    ※消費税額が切り捨ての場合は、上記 ROUND を ROUNDDOWN に変更してください。
    ※返還等の税区分は判断していないので適宜上記計算式に追加してください。
    ※金額が外税の場合は ROUND(O1*0.08,0),0) となります。

  4. 次に、「課対仕入別」を「課対仕入内」に、「課税売上別」を「課税売上内」に一括置換します。
    ※外税の場合は 内→外 となります(「課対仕入外」、「課税売上外」)

  5. Y列 に"no"を入力し、全行にコピーします。

  6. 名前を別名にしてCSV形式で保存します。

  7. 弥生会計の会計期間に問題がないかを確認し、このファイルをインポート実行します。

※JDL会計の税抜処理の仕訳データ(CSV)の場合は、変換オプション[JDL会計:消費税を内税形式に変更]にチェックを付けて変換を行ってください。


Back  ページトップPage Top
コピーライトプライバシーポリシーリンク Copyright (C) 1996-2012 SystemPort,Inc. All rights reserved.