システムポート  
会社概要
お問合せ
サイトマップ
トップページ
製品情報 サポート ダウンロード 製品の購入 ニュースリリース


Questions
  1. Q:使用PCによってどんな制限が発生する場合があるのでしょうか?また、PCが3モードだったら、制限なく使えるのですか?

  2. Q:私のPCでは、コンバートスターを使うことはできますか?

  3. Q:外付けのFDD装置がついているPCを使っていますが、ワープロなどの変換が正常に行えるでしょうか?

  4. Q:5インチディスクの変換にも対応できますか?

  5. Q:MacのCD-ROM,MO,Zip,スーパーディスクのデータは対応できますか?

  6. Q:どんな場合にトムキャットコンピュータ社製3モードFDD(TC3ModePlus)や、ソリトンウェーブ社製3モードアダプタが必要になるのですか?

  7. コンピュータのOSを入れ替えてもコンバートスターはそのまま使えますか?

 


 Answers

  1. Q:使用PCによってどんな制限が発生する場合があるのでしょうか?また、PCが3モードだったら、制限なく使えるのですか?

    A:コンバートスターシリーズはデータ変換ソフトウェアですので、一般のソフトウェアとは性格が異なる部分があります。
     それは一般のDOSフロッピーではなく、通常PC上では使用されない特殊形式フロッピーディスクのアクセス(専用ワープロ機の文書データ、N5200、IBMシーケンシャルファイル等の読み書き)が必要とされるため、ご使用機種(ハードウェア)やOSに依存する部分や制限などが発生する場合があります。
    PC/AT互換機でご使用になる場合には、機種により制限が発生する場合がありますのでご注意下さい。
     詳細は、「動作環境」のページでご確認ください。コンピュータの使用環境における制限がご確認いただけます。

    このページのトップへ  FAQのメニューへ

     

     

  2. Q:私のPCでは、コンバートスターを使うことはできますか?

    A: お客様のご使用目的が、WindowsやMacアプリケーション間での変換であれば、ご使用パソコンの制限はありません。
    ワープロ機やオフコンなどのフロッピーディスクを変換したい場合は、事前の動作確認をお願いしたいと思います。

    【体験版で確認する】
    体験版」では、動作確認の他、製品の操作性や変換結果等も同時にご確認いただけます。

    パソコン標準のフロッピーディスクドライブで変換対応できない場合には、弊社推奨USB接続フロッピーディスクドライブを外付けするだけで、ワープロ機やオフコンなどの特殊フォーマットフロッピーをコンバートスターで制限なく読み書きし、あらゆるデータの変換が可能になります。

     

    このページのトップへ  FAQのメニューへ

     

     

  3. Q:外付けのFDD装置がついているPCを使っていますが、ワープロなどの変換が正常に行えるでしょうか?

    A:弊社で推奨しているフロッピーディスクドライブ (USB接続)を使用した場合はすべてのコンピュータにおいて変換が可能です。その他のスーパーディスク、USB接続、PCMCIA接続の外付けFDD装置の場合は、制限がございますので「対応可能なFDドライブ」をご覧ください。
    また、SONY製のVAIOノートシリーズのように、外付けと内蔵を切り替えるタイプでは、外付けにすると3モードが使用できないといった制限付きのものがありますのでご注意下さい。
    ご購入前に「体験版」で動作確認をすることをおすすめします。

     

    このページのトップへ  FAQのメニューへ

     

     

  4. Q:5インチディスクの変換にも対応できますか?

    A:
    ご使用のコンピュータに5インチドライブが搭載されていれば対応できます。ただし、以下のような注意事項があります。

      PC9821/9801シリーズの場合:

    内蔵タイプの5インチドライブであれば問題なく使用できます。外付けタイプの5インチドライブには、DOS形式以外のFDを認識できないものもありますのでご注意ください。

      PC/AT互換機[DOS/V機]の場合:

    5インチ2HDディスクのみ対応します。フロッピーディスクドライブの接続方法(拡張ボードを使用する機種など)によっては一部対応できないものもあります。

     

    このページのトップへ  FAQのメニューへ

     

     

  5. Q:MacのCD-ROM、MO、Zip、スーパーディスクのデータは対応できますか?

    A:
    はい、Ver11より対応が可能です。(OSがWindows Me/98の場合、Windows標準添付のASPIマネージャ経由で読込をおこないます。)
    なお、MacintoshのMO/Zip/スーパーディスクは標準フォーマット(HFS)のみ対応します。拡張フォーマット(HFS+)は対応できません。

     

     

    このページのトップへ  FAQのメニューへ

     

     

  6. Q:どんな場合にトムキャットコンピュータ社製3モードFDD(TC3ModePlus)や、ソリトンウェーブ社製3モードアダプタが必要になるのですか?

    A:
    ショップブランドPCや自作PC、2モードFDD装置搭載のデスクトップ型PCをご利用になっている場合にお奨めします。これらの場合、トムキャットコンピュータ社製3モードFDD(TC3ModePlus)を搭載して頂ければ、通常の3モードドライブとしてそのままご利用頂ける他、コンバートスターで専用ワープロなどの特殊形式2HDディスクの変換が可能になります。また、3モードドライバが供給されていないだけのPCは、ソリトンウェーブ製3モードアダプタ(FDC-3DII)を搭載することにより、ドライブ交換を行わなくとも対応できるようになります。(要ドライブ型式確認)
    ただし、コンピュータのマザーボード仕様により単密度媒体(128byte/sec)にアクセスできないものは、N5200 LANPLAN/LANFILE、IBMシーケンシャルファイル、特許JIS形式の変換、及びパーソナル書院2DDへの変換(書込)には対応できませんのでご注意下さい。

     

    このページのトップへ  FAQのメニューへ


  7. コンピュータのOSを入れ替えてもコンバートスターはそのまま使えますか?

    A:コンバートスターをご使用いただいているコンピュータにおいて、OSの入れ替え・アップグレードを行う場合は、必ずコンバートスターのアンインストールを行った後、OSのアップグレードを実行してください。対応済み製品であっても、製品がインストールされたままアップグレードを実行した場合の保証は致しかねます。

    特に、コンバートスター8.5シリーズ以降をインストール済みのコンピュータを、Windows NT4.0からWindows 2000またはWindows XPへアップグレードした場合、ドライバの不整合により、Windows XP終了時に正常に終了できない(フリーズする)等の障害が確認されております。このようなOSのアップグレード(インストール)を実行する前には、必ずコンバートスターシリーズのアンインストールを実行してください。

    ※万一、コンバートスターをアンインストールせずにWindows 2000/XPへのアップグレードを行った場合には、コンバートスターをアンインストール後、初回のWindows終了時は正常終了できませんので、コンピュータの電源を切って下さい。次回からのWindows終了時は正常終了できるようになります。


    このページのトップへ  FAQのメニューへ



 

 

 

Back  ページトップPage Top
コピーライトプライバシーポリシーリンク Copyright (C) 1996-2017 SystemPort, Inc. All rights reserved.