システムポート  
会社概要
お問合せ
サイトマップ
トップページ
製品情報 サポート ダウンロード 製品の購入 ニュースリリース
有料変換サービス
住所録変換サービス

ワープロ専用機の住所録機能やはがき作成ソフトやメールソフトなどで作成したアドレス帳データを他の形式に変換します。
ワープロ専用機やはがき作成ソフトからの移行、メールソフトや携帯メモリ管理ソフトで使用しているアドレス帳を他ソフトのアドレス帳で扱いたい場合に最適です。

■住所録変換サービス料金

変換データ量 料金
郵送の場合(変換元FD1枚あたり) 6,000円(税抜)
メールの場合(ファイルサイズ1MBあたり) 6,000円(税抜)

本サービスは、ファイル形式の変換のみの対応となります。住所表記の変更は行われませんのであらかじめご了承ください。

ご依頼いただきましたデータが弊社サービス内で対応できなかった場合には、変換サービス料金の請求は行われませんが、返送料はお客様負担(着払いにて返送)となりますのであらかじめご了承ください。

有料変換サービスを申し込む 

新旧住所変換サービス

市町村合併に伴って変更になった住所を新しい住所に変換するサービスです。
対応データ形式は、MS-Access/MS-Excel/CSV/固定長テキストの他、オフコンや汎用機で作成されたIBMシーケンシャルファイルにも対応します。
また、市町村合併に伴って変更になった郵便番号や住所コードも変換します。

区画整理で変更になる住所や、変更後の住所が確定できない住所などは、新しい住所と思われる内容(候補)をリストとして別途お渡しします。

■新旧住所変換サービス料金

変換データ量 料金
〜10,000件 20,000円(税抜)
追加10,000件毎に     8,000円(税抜)    

変換データ量が10,001〜20,000件の場合は、20,000円+8,000円=28,000円となります。

有料変換サービスを申し込む 

メディア変換サービス

Macフォーマット(FD/CD/MO/Zip/スーパーディスク)に保存されているデータをWindowsフォーマットのメディアへ変換したり、8インチや5インチFDから3.5インチFDへの変換やCDからMOへの変換等が行えます。

■メディア変換サービス料金

変換データ量 料金
FD1枚あたり 3,000円(税抜)

変換元データディスクが10枚を越える場合やデータがCDやMOなどに保存されている場合などは、別途お見積りさせていただきます。

ご依頼いただきましたデータが弊社サービス内で対応できなかった場合には、変換サービス料金の請求は行われませんが、返送料はお客様負担(着払いにて返送)となりますのであらかじめご了承ください。

有料変換サービスを申し込む 

CP/M、N88BASIC ←→ Windowsフォーマット変換

CP/Mは、現在でも制御系などの分野で利用されている昔の代表的なOSです。CP/Mは、80/86/68Kなどメーカー毎に独自のパラメータがありますが、各種CP/Mパラメータに対応します。
N88-BASICは、NECの旧パソコンPC9821/9801シリーズに標準搭載されていたプログラム記述言語ですが、FD内に作成されるファイルは、N88DiskBasic用の独自のフォーマットに格納されます。そのデータをテキストファイルに変換してパソコン上で扱えるようにします。

バイナリーファイルはバイナリーのまま、アスキーファイルはアスキー(テキスト)のまま変換します。 プログラムファイルの変換の場合、アスキーセーブしたファイルをお送りください。

■CP/M・N88BASICフォーマット変換サービス料金

変換データ量 料金
FD1枚あたり 3,000円(税抜)

変換元データディスクが10枚を越える場合やデータがCDやMOなどに保存されている場合などは、別途お見積りさせていただきます。

ご依頼いただきましたデータが弊社サービス内で対応できなかった場合には、変換サービス料金の請求は行われませんが、返送料はお客様負担(着払いにて返送)となりますのであらかじめご了承ください。

有料変換サービスを申し込む 

Back  ページトップPage Top
コピーライトプライバシーポリシーリンク Copyright (C) 1996-2012 SystemPort,Inc. All rights reserved.