システムポート  
会社概要
お問合せ
サイトマップ
トップページ
製品情報 サポート ダウンロード 製品の購入 ニュースリリース

 勘定奉行 i シリーズの仕訳データを他会計ソフトへ、または他会計ソフトの 仕訳データを勘定奉行 i シリーズで入力したい場合は以下の手順で対応できます。但し、原則として勘定奉行 i シリーズに関してはサポート 対象外なのでご了承お願いいたします。

 勘定奉行 i シリーズ における仕訳データ(変換対象データ)出力方法

  1. [随時処理] → [汎用データ作成] → [仕訳伝票データ作成] → [仕訳伝票データ作成] を指定
    [新規] → <基本設定>(タブ) で、任意の 「パターンコード」 と 「パターン名」 を入力
  2. <出力設定>(タブ)で、「転送ファイル」 − 「カンマ区切リ」 −  「奉行21シリーズの形式で出力する」 に チェック、 さらに [詳細設定] で「勘定奉行21の 他ソフト編集形式で出力する」 を選択
  3. 「出力先フォルダ」と「出力ファイル名」 を指定
  4. 出力開始

    上記手順で出力したCSV仕訳データは、勘定奉行21と同等(税率 8%対応)のフォーマットになります。しかしながら勘定科目コードや税区分コードは勘定奉行i 10 のコードを引き継ぎますので、変換テーブル等の編集が必要になります。
      勘定奉行i 10 と 勘定奉行21 では税区分コードが異なります。従って会計コンバータ2の変換テーブルにおける[課税区分]を編集する必要があります。税区分コードは勘定奉行i 10上でファイル出力または印刷し、それを参照しながら適宜該当コードに訂正してください。
        例) 変換先が弥生会計の場合
           60  →  課税売上
           10  →  課対仕入    等

      勘定科目に関しては、勘定科目コードや勘定科目名の文字列等が異なる場合があるので、変換テーブルを編集する必要があります。これを正しく設定しないと、内税、外税、別記等の税区分に影響が生じます。
        例) 変換先が弥生会計の場合
           100 現金    → 100 現 金
           650 消耗品費 → 652 消耗品費    等

      なお、
      「 勘定奉行 i 10 → 弥生会計 」におけ最適化した変換テーブルをサンプルとしてご用意いたしましたので、以下のテーブルファイルをダウンロードし、解凍した"V2 勘定奉行 i (21形式出力)→(新)弥生.TBL" ファイルを、インスト-ルフォルダ [ C:\Program Files\KkCnv02\TBL\B_Y\SAVE ] 内にコピーしてください。

        >>> 勘定奉行 i 10 シリーズから弥生会計の変換テーブル ダウンロード

      変換を行う際は、変換オプション画面で変換テーブルを上記ファイルを指定してください。

      なお、勘定奉行 i 8 から出力した仕訳の場合、勘定奉行21 の勘定科目、税区分コード体系で出力されるため、変換テーブルは"V2 勘定奉行→(新)弥生.TBL" を選択します。


     勘定奉行 i シリーズ における変換仕訳データファイル 入力(読込)手順

    1. [随時処理] → [汎用データ受入] → [仕訳伝票データ受入] → [仕訳伝票データ受入] を指定
    2. [新規] → <基本設定>(タブ) で、任意の「パターンコード」と「パターン名」を入力
    3. <受入ファイル設定>(タブ)で、受入形式を 「[101]勘定奉行21汎用データ受入形式」 を選択、さらに受入するファイル(会計コンバータで勘定奉行21に変換したファイル) を指定し、[受入開始(E)] をクリック
    4. 歴選択でデータが「和暦」か「西暦」かを選択。ファイル形式は「可変長」を選択。  実行(G)をクリック

      ・ 勘定奉行 i 10 と 勘定奉行21 では税区分が異なるので、会計コンバータの変換テーブルにおける[課税区分]を編集する必要があります。
        例) 変換元が弥生会計の場合   課税売上 → 60  、 課対仕入 → 10 等

      ・ 不足勘定科目や補助科目、部門等は 勘定奉行21と同様に、事前に変換テーブルや勘定奉行 i に登録しておく必要があります。

      なお、 「弥生会計 → 勘定奉行 i 10 」におけ最適化した変換テーブルをサンプルとしてご用意いたしましたので、以下のテーブルファイルをダウンロードし、解凍した"V2 弥生(法人)→(新)勘定奉行i.TBL" ファイルを、インスト-ルフォルダ [ C:\Program Files\KkCnv02\TBL\Y_B\SAVE ] 内にコピーしてください。

         >>> 弥生会計から勘定奉行 i シリーズへの変換テーブル ダウンロード


      変換を行う際は、変換オプション画面で変換テーブルを上記ファイルを指定してください。



 
Back  ページトップPage Top
コピーライトプライバシーポリシーリンク Copyright (C) 1996-2012 SystemPort,Inc. All rights reserved.