システムポート
会社概要
お問合せ
サイトマップ
トップページ
製品情報 サポート ダウンロード 製品の購入 ニュースリリース
ライン
ポイント 製品の紹介
ポイント 概要
ポイント

変換対応ファイル

ポイント 主な画面イメージ
変換の流れ(Excel)
選択画面
変換履歴
郵便番号住所検索
ポイント ご購入前に
ポイント 動作環境
ポイント 資料請求
ポイント 無償体験版
ポイント 購入方法
ポイント インターネットダイレクト
ポイント 延長ライセンスキー
ポイント サポート情報
ポイント サポート情報
ポイント 新旧住所対応表
ポイント 対応予定表
ポイント よくある質問(FAQ)

ポイント パッケージ製品
ポイント コンバートスター17
ポイント 会計コンバータ2
ポイント My環手箱
 
●変換方法を選択する
 自動で変換できない住所の場合、以下のような選択画面が表示されますので、任意に住所変更を行ってください。また、さいたま新都心土地区画整理事業の完了に伴って変更された住所には対応いたしておりませんので、参考資料をご覧頂き、この選択画面上で番地等を手動で入力してください。
  • 以下より選択

    自動変換できなかった住所の変換候補が表示されますので、該当する住所を選択します。

  • 手動変換

    新住所欄が入力欄となりますので、直接該当の住所を入力します。

  • 無変換

    自動変換できなかった住所は変換しません。

※自動置き換えできなかった時に、選択画面が毎回表示されるのは煩わしい!という場合には、1度目に自動変換を済ませてから、2度目にまとめて選択変換を行うという方法をお奨めします。手順は、1.「選択画面を表示しない」オプションを指定し、一旦自動変換を終了します。2.「選択画面を表示する」オプションに設定を変更し再度変換を行うと、今度は自動置き換えできない住所のみの変換となりますので、選択画面で新住所を選択していきます。

※「自動変換の行えない住所は、次回以降は常に「無変換」にする」を選択すると、以降この選択画面は表示されず、自動変換できなかった住所は変換されません。無変換の設定は、[環境設定]でも指定することができます。

 

Back  ページトップPage Top
コピーライトプライバシーポリシーリンク Copyright(C) 1996-2017 SystemPort, Inc. All rights reserved.